風吹荒記・リバース

完全相反、双極・・・

やっぱり共存は無理なのか?


様々な所で、擬人化についての議論を見た所、

案の定と言うか何というか双方が完全に対立している所ばかり。


少なくとも自分が確認したところでは、

共存できている場所は1つたりとも見つかりませんでした。



調べ方が雑なだけなのかも





このサイトは絵のコンテンツといえばお絵かき掲示板、お絵かきチャット程度。


いまだに自分は画力向上はちっとも出来てないし。




だから、あまりそういう議論が発生したりしない・・・というかしない。自分が見ている限りは発生した事は無いはず。









「だったらお前には関係ないだろ」って言われるかもしれないけれど、

それでもこの問題についてはちょっと重要だと思って。








さて。こんな事があるとか何とか。







例えば―――1:擬人化好きから原型サイトへ





ポケモンの絵のサイトを作っているある人がいるとします。


その人は原型が好きで、擬人化はかなり苦手でした。

注意書きにも「擬人化は苦手で~」などと書いてありました。


そのサイトは、キリ番の制度を取り扱っており、ある擬人化好きの人がキリ番を取りました。

そして、「擬人化書いてください」



擬人化は苦手なそのサイトの管理人。

その人は「擬人化は苦手なので」と言います。



さあここからが問題。

キリ番を取った人が「擬人化楽しいですよ!」などと言う。

「ですが苦手なので・・・」

「擬人化嫌わないでください!」

「ですが・・・」

「原型より擬人化書きましょうよ!!」








例えば―――2:原型好きから擬人化サイトへ


今度は、擬人化大好きな人がサイトを開いていたとしましょう。

その人は擬人化絵をたくさんサイトに置いてありました。


すると、突如掲示板にこのような書き込みが!!


「擬人化なんてやってんの?
 即刻そんな物やめて原型書け。
 それが嫌ならサイト消せ。」

その書き込みを無視して削除したら、今度はメールに同じような文章が何十通も・・・








さて。

この2つのケースは発生しかねないケース。

もしかしたらこんな事がもう実際にあったのかもしれない。


前者は無茶な押し付け。

後者はもはや脅迫。


どっちにしろ対立の要因になってしまう。




この仮定の人物はきちんとした理由云々ではない。ただの好き嫌いだろう。

自らの好き嫌いにより嫌いな方をどんどん減らしていこうとでも考えたのか。


まず、擬人化が苦手な人、もしくは原型が苦手な人(これはちょっと悲しいけど)に無理にそれを押し付けるのはアウト。
サイトの空気を読めていない。


当然、擬人化嫌いだからといって擬人化サイトにことごとく脅迫まがいのメール送りつけるのは既に犯罪。
訴えられても知らん。脅迫なんてある程度まで行けば簡単に裁判に負ける事が出来る。そこまで行くかは分からないが。









ただ、嫌いなものを排除しようとする風潮は結局あるらしい。





そうでなくても、こんな場合もある。





擬人化好き「嫌なら見なければいい」


擬人化嫌い「じゃあせめて擬人化やってる事ぐらい書け」と。




これに関しては、例えば・・・





擬人化についての注意書きをきちんとやっているサイトに対し、


「擬人化を注意しているようで気分を害しました、消してください!」







いや・・・苦手な人だっているんだから注意書きは大正解だと思うんだが・・・














さて、ここらでお互いの意見をまとめてみる。



擬人化好き

・親近感が湧いたりする
・交流もしやすくなる
・様々な企画で人が集まりやすい(確かに擬人化の企画は多い)
擬人化嫌いな人が信じられない



擬人化嫌い

・原作のイメージを損なう
・既にオリジナルキャラじゃないのか
・ポケダン→「ある日突然ポケモンになっていなかった!」
生理的に受け付けない、消えろ








太字は大衆観。ってこれが大衆観なのは駄目だろ・・・

しかもこれは前回言った。ただ、改めて書いておく事に。




ちなみに、何故擬人化が好きか、嫌いかについての議論は、両者が向き合うと泥沼化する。

これ、法則らしい。











先程書いた2つの仮定。


これが、それぞれの派閥(派閥?)のマナー低下を招き、結果双方から更なる反動が来てしまう。

そして、それにより「擬人化消えろ」「原型原型ってうざすぎる」という意見が増えてマナー低下へループ。


これこそが原型・擬人化対立の無限ループである。




そしていつの間にか修正できない溝が間に出来てしまった、と。














これは・・・こんな小さいサイト、おまけに小説サイトで言ってもちょっと効果は無いと思うが・・・


とりあえず、運悪く(悪く?)これが目に付いてしまった擬人化好きもしくは擬人化嫌いは、一度考えてみて欲しい。





お互いのいい所を認め合ってこそ、双方に更なる発展がある、自分はそう思う。
















・・・綺麗な言葉で終わらせてしまったが、はっきり言って説得力が無い気がする・・・

むしろ不快に思った人の方が多いんじゃないと危惧するばかりである。

だが、己の首を絞める結果になっても多くの人に考えて欲しいからこそ前々回と今回の記事を書いた。



前回と同じようにもう1回言うと、


「原型? 擬人化? どっちでもいいじゃないか」

がウィンドの根本意見である。
スポンサーサイト
個人的考察1:原型と擬人化の共存について | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<・・・ | HOME | 死を飛び越えた、結果・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |