風吹荒記・リバース

相反しない、はずのもの・・・

今日はいつもの1.25倍真面目な話題。(待


絵。

この前から言っている絵。


ウィンドは相変わらずで。(やっぱりか・・・




と、その「絵」ですが






ポケモンの絵について。



ポケモンの絵って大まかに2つに分かれてます。


「原型」と「擬人化」の2つです。




さて。この2つは。




原型→普通のポケモン

擬人化→その通りの意味






・・・説明になってないぞこれ!!(ぁ








ま、まあそれはともかく・・・




2つの種類の絵があって、

これら2つの種類の絵は共存しています。









と、思ったら。


これが共存できてないらしい。






さて。ここから先は1閲覧者の視線で書いてます。

内容もちょっと色々と・・・いや、そんな事もないか。

まあ不快を感じる人もいるかもしれませんので。

そこの所注意してください。

個人的考察に突入します。














初めに。


原型も擬人化も個性がある。

いや、「当たり前の事を何言ってんだこのド素人」とか言われそうだけど・・・(しかもその通りだし



まあ、個性が無いものってあまり無い気がするけれど・・・














どっちにもいい所がある。

それも当然といえば当然だが・・・石を投げるのは勘弁して欲しい。(待



でも検索かけると差が歴然と出てくる・・・






・・・何故か。



その理由を個人的に色々考えてみた。






1 そもそも「原型」なんて言葉が広まってないから差がつくのは当たり前

これだったら万事解決。



2 擬人化の方が描きやすいという事を聞いたことがある
  つまり原型が描けない人でも擬人化は描けたと言う人が多いという事

でも原型の方が描きやすいと言う人もいるから多分これ違う



3 時代の流れです

もうウィンドは思案放棄した。中間テスト直後で考えさせないで欲しい(いや自分で言い始めたんだろ














・・・やっぱり絵を描いている人達じゃないと分からない真相があるのだろうか。





何か、原型、擬人化それぞれに対して悪口連射している人が大量にいるらしい。



で、悪口連射の影響でそれぞれに対して嫌悪感を抱く人物がまた出てくる、と。







ジャンルは相反しないはずの2つのものなのに共存は不可能なのか。


原型と擬人化の間に出来てしまった溝は埋められないほど大きくなってしまったのか。




何故同じポケモンが好きな者同士で争わなければならないのか、と。







・・・自分も結構攻め立てられそうな物を書いてるけど。

もう少し対象年齢が下がるように書いたほうがいいだろうか。







・・・さて、


それぞれ、嫌悪感を持っている人は様々な意見があるらしい。




例えば



擬人化嫌い→何というか受け付けない

原型嫌い(という訳ではないのだろうが)→擬人化否定する人信じられない



らしい。

(※原型嫌い、と言うのは実際にいるらしい。
  擬人化が好きな人は原型も擬人化も好き、から原型糞食らえまでいるらしい。
  原型あっての擬人化だと思うのだが・・・
  ちなみに、当然逆もある。
  原型も擬人化も好き、から擬人化消えろまで。
  擬人化も1つのジャンルだし別にあっていいと思うのだが・・・)





いや、これは理由にならないだろうどっちも・・・


これだけだったらウィンドでも2分で論破できそうである。


40秒もあれば誰でも対抗意見を考えられそうである。





むしろ「理由をはっきり述べろ」で論破できるけど・・・














話がずれそうなので軌道修正。




まあとにかく、上に書いた様な理由なのか毛嫌いなのかよく分からん意見の出し合いで混乱を起こすと、


当然被害を被るのは普通に絵を描いている人である。




自分で自分の好きな方の首を絞めているような・・・





当然、これは一部。


きちんと理由つけて言える人もたくさんいる。





だが、そのきちんとした理由を


「何言ってるか分かりません」

「原型否定するなら消えろ」

「擬人化否定するなら失せろ」

「黙れ!」



などなど言う人もいる。

どう考えても負け。








何故共存が出来ないのだろうか?


原型嫌い、擬人化嫌いの根本の理由は?


どうすれば共存できるのか?




などなど、まだまだちょっとかじった程度にしか考えていないので分からない点もあるが、



今の時点で自分がはっきり言えるのは、




「どっちでもいいじゃないか」



である。


適当と思われるかもしれないが、

実際どっちかを排除する意味なんてあるのだろうか?

無いはずである。というより、「無い」。














とりあえず、真相について探って行きたいと思う。

絵を描けない小説書きが絵について考察しても穴だらけかもしれないが・・・
スポンサーサイト
個人的考察1:原型と擬人化の共存について | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<死を飛び越えた、結果・・・ | HOME | ・・・>>

この記事のコメント

初めまして。
結構前からサイトを拝見させていただいておりました
腕のほうはまだまだですが、
一応自分も一絵師なので少し・・。

自分は、どちらかと言えば原型派ですね。

・・擬人化はそこまでで無いですが
あまり好きではありません。

擬人化すると、本来の良さが失われたり、
原型での好きな部位が消えたりしてしまいます。

消えるというかその部位を擬人化してつけると、
物によっては不自然になったりしてしまうのです。
(例えば尻尾とか、鋏とか。)

・・人の特徴をもっていても、
人じゃない。
宇宙人(居るかは知りませんが)のような物ですよ。
例えられているのが自分達人間だから、
その自分達から見て、
似ている癖に体が違ったりすると
見ていて何かいい気がしないのです。

自分はそういった理由です。

ですが「消えろ」とまでは思いません。

擬人化も、一つの表現法ですからね。
しかし、一つでも気に食わないところがあれば
それを否定し、「消えろ」などとコメントするもんです

というか。
「消えろ」だなんてコメントしても消えないでしょうし
ただの労力の無駄だとしか言いようが無いです。

共存は難しいでしょう。


2008-05-24 Sat 22:53 | URL | 紅氷 #4tPc3CuY[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |