風吹荒記・リバース

暗黒の、最中・・・

今回もネタバレ多数。かなり気をつける必要あり。


今日は休みだからしっかりプレイ。(ぁ



















さて、昨日と今日でまたも凄まじく進んでしまった。


1日のプレイ時間がかなり長いし、

プレイスタイル上、進め方も他の人に比べるとかなり速い方。






さて、昨日のプレイ時から・・・







いそのどうくつってところでカブトプス&オムスター2体に襲われる。

だが10まんボルトで秒殺。酷いかもしれない。(ぁ





その後はまぼろしのだいち。






最後にはあのヨノワールとの戦いだが、



かなりむかつくので集団リンチを決行した(違


・・・じゃなくて、まひを食らわせて袋叩きに(待




ヤミラミはすぐ終わった。



ここで衝撃の事実が発覚した。


現在、じげんのとうへときのはぐるまを納めに行っているのだが、

それをやると主人公(とジュプトル)が消えてしまうらしい。



だがやっぱり止まるわけがない。






しかし、ジュプトル最高だぜ・・・!!(ぁ






で、ラストダンジョン(のはず)のじげんのとうへ。







でんげきはで敵をなぎ倒す。







そのまま何事も無く一番上に着いてしまう。






が、悪夢はここからだった









ときのほうこう







1ターン終了(主人公、パートナー共に






ふっかつのたねを結構持っていたけど、その後のターンでも

ことごとく攻撃を食らい続け、防戦一方となる。




だが





ディアルガがまひしたらもう形勢逆転だった














さて(ぁ)、何はともあれ、ときのはぐるまを納め・・・



ここからは言わない。(ぁ



ラストを言う訳無いって(ぁ










で、エンディング後



プクリンのギルドの卒業試験を受けることになり、

一路、しんぴのもりへ向かう。

「だいまおうが出る」って・・・何だそれは・・・






で、何事も無く(またか)一番奥に行くと





プクリ・・・じゃなくてだいまおうとその手下多数が現れた!!(待









相手


プクリン・ペラップ・ドゴーム・チリーン・グレッグル・

キマワリ・ヘイガニ・ディグダ・ダグトリオ(で合ってたはずだが・・・)






しかも囲まれた














よってたかってリンチとはいい度胸だッ!!(お前もだろ










こっちの行動


ほうでん(部屋中を攻撃)→ほうでん→ほうでん→ほうでん→ほうd(略



ここで進化が可能になる。


しかし主人公とパートナーは進化できない。











さて、これで探検隊が独立した(唐突




その次は、ふぶきのしまという所に来たが





これは鬼過ぎる・・・(ぁ





みだれひっかきで2、3回やられたりする。



ふっかつのたねが足りない。しんぴのもりで浪費した。








結果→20Fで敗北






その後しばらくたってもう1度行ってクリア。


その次のクレバスのどうくつも突破。ボスは何故かユキメノコだった。





シークレットランク?なんだそれ?(ぁ








さて、次はとざされたうみ。


印象に残らないダンジョンだな。(ぁ




だが最後に、とんでもない物が・・・





このイベントは言及を避ける事にする(ぁ




ちなみにこのイベント、この後きせきのうみってダンジョンにも行く。


その後は、何か新しい探検隊が登場。



・・・で、ばんにんのどうくつというダンジョンへ行く。



なんて面倒なダンジョンなんだ・・・!!(ぁ






更に次はかくされたいせきに行くが、






突破できない。勝てない。無理(ぁ





さてその次は





クレセリアとダークライ登場








まず、しゅぎょうのやまというダンジョンへ行った。


ここでスリープと会う。



ルリリの夢の中に入らなければいけないのだ。

悪夢を見ているらしい・・・。



次はあくむのなか。


敵が弱くて助かった。




その後、情報収集をする。





パルキア、そしてそらのさけめ。



だが情報が集まらない・・・!!と思ったら








寝てるところにパルキアが襲撃→主人公とパートナーをパルキアが拉致








そしてそらのさけめ。








だがパルキアに手も足も出ず終了いたしました





この後は、後で更新。
スポンサーサイト
ポケダン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<長すぎる、道のり・・・ | HOME | 疑心暗鬼、逆説の中・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |