風吹荒記・リバース

時の詩/手のひらの上の聖女

もう動いてる場所もあまり多くは見ない。

色々な方のブログを時々見たりしているのですが、もう動いている場所も少なくなりましたね。ほぼ見ないくらいの勢いです。
このブログや旧サイトが本格的に動いていた(このブログは今も現役だけれど)のも10年近く前のことなわけで。
今はTwitterもありますし。ただ、行方は分からない人の方が圧倒的に多いですが。

昔々、このサイトが閉鎖したら見ている人はどう思うだろうか、ということを書いたことがあります。
そのとき、常連であった方々はそうなったら悲しい、と言ってくれました。


私は、まだまだここにいるつもりです。
一度はいなくもなりましたが、今度消えるとしたら不慮の事故や病気にでも遭ったのでしょう。
もしくは、余程のことをやってしまったときでしょう。

別れの挨拶を書く日がまだまだ先であることを祈ります。


そういえば。(以下追記から)


現行サイトにひっそりと「Repair ―手のひらの上の聖女―」とかいうものが追加されていますね。
これは一体何をする気なのかという話。

えー、pixivにおいて人形をテーマにした話を度々書いている(とは言っても最新でも去年の中盤だが)ことは知っておりますでしょうか。
というか前回の(久しぶりの?)鬱記事でもそういう話にちょっと触れてましたのでpixivの方をチェックしていなくてもぼんやりと知ってる人もおられるかと思います(多分)。

ですがpixivの方って、アレです。わざわざTwitterのアカウントも別に分けていたりということでまあ内容が特殊です。
男の子が女の子になるだけならともかく男の子が女の子の人形になるとかそんな感じでかなり特殊なわけですね。
(一応そういった好みが無い方にも安心してお読み頂ける作りになっております。R-18指定の一本除き。)

ですが人を選ぶ話だけで人形テーマの話を書いていくのはちょっともったいない。
あっちだと確実にそういったちょっと特殊な要素を含んでいくことになる。
そういったものが無い場合でこそ書けるような内容だって書きたいじゃないですか。

というわけでです。
現行サイトやこのブログを見てくださっている方にこそ見せたいような。
ascionというよりはヒールウィンドの書く話を。
お届けしたいということなのです。
こっち側だと合同誌参加以外では鬱ツイートやら鬱記事やらばかりじゃないですか。
そろそろ旧サイト時代からの正当進化系を見せるときなのだと思うのです。もちろん最近の進歩も加えつつ。


ちなみに上記の流れはたった今考え付きました。実際には本当の理由はまた別です。
それは「気楽に」ということ。
旧サイト時代って見直しも何もやってませんでした。
適当に、気の赴くままに書いてました。
ですが最近はどうにも縛られがち。

(pixivで)評価の数が気になる、はもちろんのこと、それ以外でもひっそりと自分を縛るものがあるのです。
それは「よりよいもの」という思い。
よりよいものを創りたい、確かにいい想いだと思うのです(自分で言っていたら世話が無いが)。
ですが今の自分にはそれは重過ぎる。
それ以外でも合同誌参加。これもまた、かなり気を張ります。何しろ他の方の作品と共に並ぶことになるのですから。
意味不明な電波をぶん投げてしまってはまずいです。
気楽にやるにしても限度があります。

というわけで、現行サイトにてテストをば。
気楽&気楽、まるで昔のような勢い任せでやってみようじゃないかと。
もちろんあの頃ほど勢い任せで書けるとは思っていません。
いくら力を抜こうとしてもこれはダメだ、これではダメだと思ってしまうと思います。
そして何度も書き直そうとする。
だから、そこに釘を刺す形です。力を抜くための理由付けです。
上に書いた高尚? な理由も、頭に留めておくといった感じです。
あくまで気楽に。囚われず。気の赴くままに。
気を張り詰めて向かい合うだけが全てでは無いのだと。
そう自分に思わせるためのあの場所なのです。


というわけで、「Repair ―手のひらの上の聖女―」。
いつか始まります。
いつか。
そう、いつか。


夏ごろ参加する予定である艦これの合同二冊よりは先に出会えることを自分で祈っています。
祈っています。



この適当さ、グランド・フォースを数話書いたあと突然第1話から書き直したときの後先考えなさに似ている。
スポンサーサイト
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あんなことこんなこと | HOME | 意味不明の文章>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |