風吹荒記・リバース

ANGELIC GUARDIAN

という訳で、作成中のゲーム「ANGELIC GUARDIAN」について。

ところで、何が「という訳で」なのでしょうか。


STORY(サイトからコピペ)

○Before ascension

遠い昔、世界は祝福されていた――

アセンシア天使教会は、大陸全土に勢力を持つ一大宗教集団だった。
そのシンボルである四人の聖女は、聖なる神の御使い……人々を守る存在「守護天使」として崇められていた。
数千年以上もの間、人々は教会の膝元で平和を謳歌していた……

しかし、ある時代に平和は崩れ去る。
黒き闇を纏う者……「プルガトリオ」と呼ばれた――暗黒の神の使徒。
プルガトリオは次々と人々やその世界に生きる魔物達を襲い、自らの眷属へと変えていった。
世界は混乱し、そして闇へと堕ちていくと思われた……

「その時代」の守護天使の一人、ラフィはプルガトリオを討たんとする――
しかし、暗黒の神の力を操る軍勢に、彼女一人の力では適うはずもなく、血に倒れる事となる。

しかし、ラフィは再び人々の前に現れた。
光の衣を纏い――白き翼をはばたかせて……
天使と化したラフィは、人々を鼓舞し、戦いの地へと戦士達を導く。

数多の血の流れの末――プルガトリオを打ち破った人々は、再び平和を取り戻す。
しかし、教会の信者達の大半は命を落とし、そしてラフィもまたその姿を消した。
他の三人の聖女もまた、真実は定かではないが――死んだと言われている。

シンボルを失ったアセンシア天使教会は、その後衰退の一途をたどる事となる。


○After ascension

かの時代より数多の時が流れた。
今となっては、アセンシア天使教会の名すら聞く事が無くなって久しい。
そのような中でも、数少ない信者達は、日々、天使に祈りを捧げていた――

ある日、小さな村であるレーシュ・ベートに住む信徒――ケルピアは、不思議な夢を見る。
それは、誰の呼び声か。



という訳で、何をこじらせたかはともかく、非常に自分らしいあらすじだと個人的には思ってます。
GRAND FORCE DIVINER(12月に次更新します)のプロローグにも、
過去に○○があったよ→今この時代で何か起きるよ
というような事が書いてありましたが、こういう流れが好きなのかどうか。
とはいえ、一般的な手法の一つでもあるから「らしさ」というより「その手法が好き」なだけかも。

「らしさ」はやはり天使が出てくるところか……もうお約束になりつつ。
とはいえ、GFDは天使と言ってもげふんげふん……な感じで、新GFには天使が出てこないので、
純粋にそれっぽい天使が出てくるのはこれぐらい。
これが完成したら、と言う話はまだ無し。GFDは完結後新GFですけど。

話の流れとしては、
「何か怪しい事になってる」→「何かえらい事になってる」→「何かやばい事になってる」→「何とかしよう」
といった感じです。……え? ピンチ長い?
まあ、ともかく。


システム面の方で、ちょっと細工をしようかなと言う所があります。
細工言っても怪しくないです。ストーリーに色々ゲーム的な変化を持たせたいだけです。
だって、決められた一本道に歯向かいたくなる事ってあるじゃないですか。
何が哀しくて「突然強敵が出てきたら為す術無くやられなくてはならない」のでしょう。
相手の勢いを挫く事も戦いでは大切なのです。

と、まあ、そんな事です。上記の文章を読んだら大体分かるでしょう。

しかしもう二つのパターンがあります。
詰め込めたらやりたいところですね。

A)何か頭空っぽにしてプレイ出来るようにする細工
B)何かちょっと違う事になるようにする細工


ところで、このブログやらtwitterやらで上げているキャラ。
Chip1_20121129210946.png

現在3人で、今後も現在分の修正も行っていくと思いますが、とりあえずまずはこの画像分、後5人を埋めようかと。
で、左から
ケルピア(主人公)、デュナミス(友人A)、テティス(親友キャラ)で、
とりあえず物語最序盤の3人となります。元々はデュナミスは序盤にはいない予定だったものの、
ドット絵の元(上の)が早々と出来たため序盤に混ぜました。
先に言っておくとこのデュナミス、恋愛には絡みません。
別に主人公と友人がだんだん恋人関係になったりしません。むしろ雰囲気はネタキャラ。

ネタキャラの雰囲気の一端

ゲームなので、そこまで暗くて陰鬱な雰囲気にはしたくないため、
上記のあらすじから感じられるより明るく話は進めていくと思います。きっと。


さて、RPG的な方向性についてですが。
正直、ゲームをこれまで作った事の無い人が果たしてどこまでバランスを練れるやら、という雰囲気はあります。
そこまで困難なゲームを作るのも……と思うので、難易度的にはそんなに高くない物を考えてます。
とはいえ、何だか不安なので、
多分先に短編ゲーム一本出してバランス取りの練習……なんてことをすると思います。はい。


という訳で「ANGELIC GUARDIAN」、ぜひ完成した暁にはプレイしてみてくださいね。
どう考えても完成は再来年以降ですが。
スポンサーサイト
ゲーム制作記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<f | HOME | ほのぼの したかった>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |