風吹荒記・リバース

大津の一件について個人的に感じる事。
同じように感じている人も……色々な所を見るに相当数いると思われます。ただ、閲覧注意。


「自殺練習」直接見てない 大津市教委釈明
はい。

インターネットという場でこんな内容を書くのも何ですが、お許しを。




死ぬのって怖いです。
超怖いです。
小学生の頃、死って物凄く恐れてました。
今もそこそこ恐ろしいですがそれはともかくとして。

死というものの恐怖は尋常なものではない。
死んでしまえば、貴方の好きな人に会えなくなる。
貴方の好きな事が出来なくなる。
貴方の事が好きな人が、貴方に会えなくなる。
貴方が、いなくなる。

全部ひっくるめたら世の中にこれ以上に恐ろしい事が幾つあるでしょうか。
自然災害、人災。恐ろしい。
違う方面から見ると心霊関係など。恐ろしい。
何故恐ろしいかって、こういうのって死が絡んでくる。
だから、恐ろしい。

人は基本的に死が恐ろしい。
なら何故自殺が起こるのか。


自分は小~中学生の時、被害妄想に駆られやすいタイプで。今もある気がしますが抑え込めるだけマシ。
ぶっちゃけてしまうと、口癖が「自殺する」になっていた時期もあるぐらい。

口癖が~で分かるはずです。普通自殺できません。
単なる被害妄想の行き過ぎ程度で自殺なんて無理です。少なくとも自分はそう思う。

小学生と中学生では確かに大きな差がありますが、精神的な差は言うほど大きくない気がします。
自分が中学生の時、小学生の頃と全然変わらなかったからそう思うだけかもしれませんが。


さて、上記を踏まえた上で大津の一件について思う事。
これは紛れもなく「自殺」が起きたという事なのですが、
上の記事や各記事を見れば分かる通り(そもそもこの一件を知らない人がそういるか分からないものの)
異常な事になっています。

まず直接の加害者と見られる中学生について。
その心境を理解する事は絶対無理です。少なくとも健常な人間なら無理だと思います。
そもそも人の気持ちを他人がはっきりと感じ取るのは無茶ですが、それを差し引いても。

「暴力」「いじめ」227件 「家族全員死ね」と生々しい証言も
っていうか心境を量り取ろうと思う気すら起きませんが。ここまで行くと。
人を(直接的でなくとも)殺してはいけない、という事ぐらい知らないのだろうか。
もしくは知っているから「俺は殺していない」と言えるように自殺させようとしたのか。
例えモラル的な面を全て取り払ったとしても、後々の悪影響ぐらいは考えるはず。
あってはならないと思うが、仮に直接罪に問われる事無く終わるにしろ、
(これそのものはまずいと思うものの)加害者とされる人物の名前はネット上に出回ってしまっている。
これを考えると将来は半分閉ざされているも同然。
この状況で随分とのんきなものだと。
親が権力者と聞くものの、まさか本当に権力者なのか?
仮にそうだとしてもこんなもの揉み消せるわけが無いと思うが。

で、学校側。
生徒に口封じをしたと評判です。悪い方向に。
とりあえず手短に言うと「潰れろ」
確かに誤った情報が流れる可能性があるというのは間違ってないもののそれは絶対に建前だろう。
この類ではそういった所にしか真実の出所が見えず、
嘘を言う輩がいるとしても実際の事態が最大数となるのが当然の事。
可能性として無きにしも非ずだが……
そして、この一件でその中学校の本来関係無いはずの生徒も一緒に泥を被らされる事に。
見て見ぬ振りは最早同罪だが、これが将来に多大な悪影響を及ぼす可能性は低くはないはず。
上の行の下の行でこう言うのも何だが、いじめを止められるヒーローは滅多にいない。
もし権力絡みの事件だとしたらどう足掻いても無理。たまったものではない。
この場合は見過ごせば加害者と同罪、止めようとすれば被害者の立場行きと詰み同然。
上記のようになる事はそんなに無いとは思うが……
ともあれ、学校の責任は、死んで詫びることが出来るほど甘くない。
いや……もし少しも穴埋めが出来ないのならばこの世から消えて頂いた方が世の中のためになるが。


そしてもう一つ……一番上の記事の最後で出ている(直接的な)加害者の親。
失格もいい所だと思う。
まだ親になるには遠い(はずの)年齢である自分が言うのも何だが、これはさすがに無い。
子どもに何かあったら庇えばいいと思考放棄しているのだろうか……
自分の親があんな事を言い出すタイプじゃなくて本当に良かったと思う。
だって自分の親は宿題しなかった事ぐらいで怒ってくれるから。
そういうのが優しさじゃないのだろうか……?
汚点を見ずに、ぬるま湯に浸からせるのは、つまりどうでもいいと思ってる、って事でいいんですよね?
だってぬるま湯に浸けただけで他に何もしていないような物だし。
加害者を少年院に送れとはよく聞くものの、完全にそっちの方がいい人生になると思う。
あれでいい人生になられても苛々するけれど。ノーベル賞クラスの働きをするならともかく。


何ていうのか、この事件は凄く後を引きそうな気がします。
人の口から語られる事が無くなっても、これはずっと……

自殺した中学生は今どうしているのか。
今も苦しんでいたら、最悪もいい所です。
会ったことも一度も無い相手なのに、こう考えてしまうぐらいには、
自分にとってこの一件は恐ろしいのでしょう。

哀悼の意を。
この一件、後世への教訓にするにも哀しさばかり残りそうだ。


長々と、失礼しました。
スポンサーサイト
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<妄想の実力、13年間の年季 | HOME | Blue>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |