風吹荒記・リバース

強者達の、宴・・・

ポケダンでの主なキャラ。

レベル等あえて未公開。


リジェクトのリーダー軍団


一応主人公な大技狙い
ディル(ライチュウ♂)
まさにリジェクトのリーダー。
ほうでんやらきあいだまやら高威力技多様。
合計PPが30行ってないのが不安。
避雷針の特性を持っている敵のいるモンスターハウスに弱すぎる。
すいへいぎりがあるけど。


どっちかというとこっちの方がリーダーに向いていそう
ソフィー(ベイリーフ♀)
2段階進化させてない理由→何となく
遠距離攻撃も何も無縁だが、ステータスは高く、
パワー的にはディルよりは上。
ギガドレインで回復したり。
はっきり言って強い。弱点さえ多くなければ。


壁の中にも手が届く(周囲技)
ファング(グラエナ♂)
あくのはどうが主。
ステータス不足のような気がする。
だが敵を倒す回数は多い。
防御の方が優れている気が・・・
ディル・ソフィー・ファングの3体がリジェクトの主体。



この3体は小説でも探検隊編で初登場。
ディル・ソフィーは第1話、ファングは予定では第3話後編か4話。


レギュラー入りしてしまった唯一のリバースメンバー
ボルト(ライボルト♂)
何故かゲーム中、ディル達とともにレギュラーになってしまった。
前作でもレギュラーだった最高の皆勤賞。
だが電気タイプ2体は・・・




エンディング後に主導権を握り始めた連中


小説の悔しさをこっちで晴らしてしまっている
ヤイバ(ハッサム♂)
通常攻撃が2回攻撃。いあいぎりで周囲攻撃、
すいへいぎりで前方攻撃、れんぞくぎりで特性フル活用と、
死角の無いとんでもない奴。小説での無念を晴らしてるよこいつ(ぁ
斬撃しまくり。残りのもう1つもシザークロスだし。


何故か攻撃最強
ウイング(チルタリス♀)
攻撃ステータスが全メンバー中最強になってしまった。見掛けによらない。
みだれづきは脅威、つばめがえしも脅威、りゅうのまいで更に脅威。
ちなみに現在最強のカクレオンキラーと化している状況。
りゅうせいぐんでモンスターハウスも安心。


紛れ込んでる上に決め手に欠ける
ウィンド(リーフィア♂)
やっぱり今回も紛れ込んでた(ぁ
前作の時も、ライト、ボルトの他、ウィンド(この時は別種族)
特攻がまさかのカウントストップ。
だが逆に攻撃のステータスが主に行く他の3体に及ばず、
2回攻撃でも無いのでPP切れると最も決め手に欠ける。


グランドフォースから進出してしまったまさかの1体
ソル(フライゴン♂)
全く更新されていないグランドフォースより唐突に登場、そして強い。
ぎんいろのかぜで全ての敵を瞬間的に滅殺。
りゅうのいぶきで打ち漏らしをきれいにお掃除。
通常攻撃も2回攻撃。
最強の座を手にするとしたらこいつ。・・・って、おい!!(ぁ
なおこいつが小説に登場する予定はありません、今の所(ぁ



注・その他、グランドフォースのキャラが進出した
リーフ(キレイハナ♀)
エンカ(バシャーモ♂)
エストレア(ボーマンダの予定がまだコモルー♂)


注・エレメンタルレイダーズのキャラも進出した
スピード(ピジョット♀)
ブラスト(ラティオス♂)
マテリア(ラティアス♀)

下2体は・・・知らなくて当然かもね(ぁ





まだ育ってないキャラ




ライト(ラグラージ♂)
ボルテージ(リザードン♂)
ブレイカー(サメハダー♂)
フリーズ(グレイシア♂)
フォルス(ガブリアス♂)
シェイド(ミカルゲ♂)
スピア(サンダース♂)


ストーン(グライオン♂)
エッジ(ブースター♂)
ランス(シャワーズ♂)



残念な事に所在地不明で仲間に出来てない(ぁ

カッター(エアームド♂)



こんな奴等もいる

ゴウエン(ゴウカザル♂)
ナイトメア(ダークライ)





それ以外にも多々いるけどまた今度。



ついでにちょっとした話








レジアイス「タンケン タンケン♪」


ライト「おい、こいつ本当に伝説のポケモンか?」
スポンサーサイト
ポケダン | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<無、思付・・・ | HOME | 音の、中に・・・>>

この記事のコメント

コメント補足タイム(ぁ

実はディル・ソフィー・ファングより、
ヤイバ達の方がレベル高いです(ぁ
かしこさも、ディル達は星7とかだけど、
ヤイバ達は全員かしこさMAX(ぁ



ディルそろそろ強く!(ぁ
2007-10-21 Sun 22:24 | URL | ヒールウィンド #-[ 編集]
メンバーすごいですね。
かしこさMAXとかまだ僕の方はいません。最高が☆3つだし(ぇ

レジアイスうけますね^^(何しに来た
2007-10-24 Wed 19:03 | URL | 蒼翔 #MNK9u/To[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |