風吹荒記・リバース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今年の生存報告1

2があるかは別として、一度生存報告です。
今回特記事項は無かったりするのですが、ちょっと色々な事を思って。

2016年ですね。みなさんいかがお過ごしでしょうか。
「蒼き大地と紅き海」の前身というか初期形態の「burastfaia.LAIN」から数えるともう12年近く経ってしまいました。
活気のあったポケダン時代からももう10年くらい経ってますね。「輝く星の裏の暗黒」というサイト名を覚えておられるでしょうか。
今考えるとあのサイト名、どこから出たのか……


もう、ブログのリンクを辿っても止まっているところが多いですよね。
Twitterのような直接的な交流の場があるから、ブログで、或いはウェブサイトを開いての交流っていうのも今では時代遅れに捉えられることがあるような。
もしかしたらTwitterで今まで通りに活動している方もいると思うのですが、ブログの一番上の広告が何だか物寂しさを感じさせたり。
現在このブログを見ている人がどれくらいいるのかは分からないのですが、とりあえずそんな寂しさの緩和のためにここで記事を、的な感じで。


創作活動についてですが……それはそれはちょっと人に言い辛いような趣味嗜好のものを書いていることが多いのですが、まあアレです。ちょっと……はい。うん。って感じで。
前回の記事でもちょっと触れてましたね。辿れば飛べます。閲覧注意ではありますが。あ、でも非R-18なのでそこはご安心を。とりあえず中身を読む前にタグからpixiv百科辺り見ておくと苦手であった場合に避けられます。便利。
(6/10追記: R-18作品が現在1本のみあるのでご注意ください。)
小説の作りそのものを見ると、何だか以前……「蒼き大地と紅き海」の時代と比べると色々違うと思います。台本形式が普通の文体になったとかそういう話ではないです。
自分の作風的なものが固まりつつある、といった感じで。
昔って意味なく暗い展開が始まったりしていたんですけれど、最近はもっぱらハッピーエンド志向ですね。
おおよそハッピーエンドになり得ない題材でもハッピーエンドで終わらせるスキルが付きました。応用する所が無い。

新サイトに置いてあるハイ・ファンタジーな話は蒼紅時代と全然変わらないいつものヒールウィンドって感じがある気がしますが。
Crosssky-endlineってやつです。短いですけど。
GRAND FORCE NEXUSは止まってますが……


ちなみに今年は同人の合同誌に投稿するとかそんなことを考えていたりするのでこれまで以上に動きが激しくなりそうです。
考えているというか現在書いてます。完成も締切も目前です。
自分史上最大の挑戦といった所です。俺はやるぞ的な勢いでやってます。
Twitter見るとグラブル(グランブルーファンタジー)の話題が大量に呟かれているので「こいつ本当に書いてるのかよ」って感じになること請け合いです。
でも書いてます。本当です。
何で略称書いて括弧付けて正式名称書いたんでしょうね。そして何故直さないのか。
この適当っぷり、昔と変わりません。
(追記: かなり時間が経過してしまいましたが、その合同誌はこちら→ ―深き海より― )


Twitterやpixivでは"ascion"というHNでやっているのですが、このブログでは前回も直していなかった通り相変わらず「ヒールウィンド」表記のままです。
昔から場所によってHN違ったりしましたし。


そんな感じでやってます。
今年も一年、よろしくお願いします。
とか言いつつ2月下旬ですが。

それではまた。


2016/2/21 ヒールウィンド(ascion)
スポンサーサイト
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。