風吹荒記・リバース

そんなこんなで

メンタル面は大分回復していると思います。人に話すことでかなり発散されたのかもしれません。


以前別垢を先に休止させていた際に色々と書こうとしていて結局書いていなかったものをちょっと書いています。
pixivに上げるんだろうなと思います。未定です。


そのpixivでお気に入りの作品を読み返してました。自他問わず。

pixivで書いているものはえてして人を選ぶ要素の入ったもの(の中では描写がかなりマイルドだと思うけれど)なわけで、一本のみながらR-18もあってここで触れるのもどうかなーとは思うのですが、とりあえず。
pixivのページはこちら→pixiv
とりあえずその好きな要素とかは話に直接関係するわけでもないので置いておくとして。


自分の書いたものを今更読み返せる気がしない……って過去に何度もあったものの、最近はそうでもないようで。
それだけでも成長……って何かどこかで以前も言った気がする。いつだろう。
最近でも厳しいものは厳しいですが。


評価数が問題ではなかったって前回の記事に書きましたが。
昔から言っていた「誰かが楽しんでくれればそれでいい」というのは結局本性を隠すための発言だったんだろうなーって。
要はきっと自分が言ってきたことと自分の実態が食い違っていることも問題だったのかなと。
だからとりあえず宣言しておきます。

めっちゃ評価されたい!!
やっぱりたくさんの人に評価されたい!!!!

多分、これである程度大丈夫だと思います。精神面が。
これまでずっと自分を演じてきたのかなあって。

本性って言うものの、見渡してみればありふれたもので。
誰だっていい評価を貰えれば嬉しい。たくさん評価されれば嬉しい。
そこで頑なに「俺は誰か一人でも喜んでくれたらそれでいいんだ」なんて強がっても意味は無い。
いい人ぶろうとしたところで心は付いていけなくて。
どんどん理想と現実が離れて行って、そして爆発した。
切っ掛けがたまたま小説の評価数だっただけです。
正直、同じようなことは繰り返していました。
ただ小説の方面に事が及び、ようやく自覚したというか。
どこでもいい人ぶろうとするんですね。で、結構な期間を続けられる。
でも物事に深く踏み込むと綻んで、そしていつか崩れ去ってしまう。
そんな場所。

人にきつく当たってしまった自分が嫌い。
人に嫉妬している自分が嫌い。
人とうまく会話のできない自分が嫌い。
理想とのギャップ。

というわけで、変に理想像を作りだすのはやめにして。
自分にできるかぎりのことをやっていこうと思います。
どうしても曲げられないことだけは曲げずに。

曲げられないものというのは、やっぱりアレです。
書きたいものの話です。
これだけは曲げようとしても曲げられない。
というより、書きたいものに当てはまらないと書く気が起きない。
頭の中で考えることは好きでも書くとなると手が動かないものもたくさん。
「評価されたいならこんなのを書けばいいんだよ」とか言われても食指が動かない。
「こんなの見てみたいんだけど」と言われたら考えそう……もっと正直に。
勧められる→書いてみる→嵌まる。これはある。というか、あった。


色々ぐだぐだと書きました。前回、そして前々回、あとその前の滅茶苦茶な記事と色々不安定でした。
今後もまた何か些細なことで落ち込むかもしれません。
そのときは……どうしましょう?
まあ、今は先の不安は置いておいて。
とりあえず、今書いているものをいずれ出します。
今月中……にできるかな?
そしたら、現サイトの改装でもしようかな……
スポンサーサイト

日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ある意味、風吹き荒れている日記 | HOME | Rebirth>>

この記事のコメント

何年も前に蒼き大地と紅き海に通ってた者です。
いつの間にか、一部復活してたんですね!
久しぶりにウィンドさんのポケダン小説が読めて、とても懐かしかったです。

色々悩んでるようですが、私はかつてウィンドさんの小説を初めとして、色んな人の投稿小説なども楽しみにサイトに毎日通っていました。
あの日々が私の人生の大きなポイントになったのは確かでした。
それほどウィンドさんの作ったものに影響を受けました。
それだけ人を熱中させるものを作ってたんですから、大丈夫ですよ。
評価で安心できるなら私が評価しますよ! イイネ! イイネ!
これからも活動がんばってください!
2016-06-23 Thu 23:33 | URL | しっそー #OmEQ3VCk[ 編集]
コメントありがとうございます。
楽しんで頂けてよかったです。
イイネで勇気が付きます。
ポケダン小説の頃とはだいぶ雰囲気が変わったところもありますが、今でもあの辺りが創作の根底になっているので、
それが影響を与えたという話を聞くととても励みになります。
一度はちょっとしまい込んでいたのですが……出してよかったです。

これからも頑張ります!
2016-06-24 Fri 22:13 | URL | ヒールウィンド #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |